骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは? 原因の鍵はエストロゲン

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは? 原因の鍵はエストロゲン

骨粗鬆症とは何か?

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」とは、骨密度が低下して骨を形成している組織が吸収され減少し脆くなった状態を指します。
 

化学的に骨の成分の変化はありませんが、骨質全体が減少して組織的に骨皮質の幅が薄くなり、骨稜(こつりょう)も粗となった状態です。
「骨多孔症」ともいいます。
 

通常は老化によって全身的に骨が希薄化した状態で、進行すると骨が弱くなり、骨折しやすく、湾曲したり、身長が低くなったりします。
 

最も多いのは中高年者です。
閉経後に急に骨量が減少するため、女性に多い傾向があります。
 

厚生労働省などによると、日本国内の患者は高齢女性を中心に年々増加し、自覚症状のない未受診者を含めると推計で1100万人超に上るということです。
患者の8割は女性で、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が患者になっている可能性があるとされます。
 

骨密度の測定検査結果の基準指数として用いられる「YAM」で、骨密度が70%未満になると骨粗鬆症と診断されます。

 

骨粗鬆症の原因

・閉経後の女性ホルモン低下

女性は閉経後に女性ホルモンの分泌が低下します。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、骨の新陳代謝で骨吸収をゆるやかにし、骨からカルシウムが溶け出すことを抑制する働きがありますが、女性ホルモンが減ることにより急激に骨密度が減る場合があります。
逆にエストロゲン値が急激に減少しない男性は、骨密度の減少が女性よりも緩やかで、それが骨粗鬆症患者の8割が女性という結果になっています。

 

・無理なダイエット

日本はダイエット王国と言うほど、年中ダイエットが話題にのぼります。
特に女性はその傾向が強く、無理に食事制限することによって栄養不足になり、それが骨粗鬆症の原因になります。

 

・運動不足

骨は負荷がかかるほど、丈夫になります。
しかし、運動不足で骨に負荷がかからない生活を送っていると骨が衰えやすくなり骨粗鬆症になるリスクが増えます。

 

・飲酒や喫煙

喫煙や過度のアルコール摂取も、骨粗鬆症の危険因子とされています。

 

・病気や薬の影響

特定の病気や服用している薬によって、骨粗鬆症になる場合があります。

 

他にも遺伝や体質などの影響もあると言われています。

あわせて読みたい関連記事

  1. 人間の骨の中で最大の骨と最小の骨は?
  2. 関節とは何?
  3. 骨密度とは?
  4. 骨密度検査と骨密度の測定と基準値について
  5. 人間の骨は何本ある?
  6. 骨折すると以前より骨が強くなる?
PAGE TOP