骨密度とは?

骨密度とは?

骨密度とは何?

「骨密度」とは、読んで字のごとく骨の密度のことで、骨の強度を表す指標の一つです。
「骨量」「骨塩量」「骨塩定量」ともいいます。
一定容積の骨に含まれるカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分の量を指します。
 

骨密度は成長と共に増えていき、一般的に男女共に20歳頃に骨密度のピークがあり、その後40歳頃までは一定の骨量を維持できますが、その後は加齢とともに徐々に減り始めるとされています。
 

女性は、更年期(閉経)になるとエストロゲンなど骨を維持する女性ホルモンが低下し、骨密度が急速に減少するといわれています。

 

YAMについて

「YAM」』とは、「Young Adult Mean」の頭文字を略したもので、日本語に訳すと「若年成人平均値」ということです。
この数値は、20~44歳の健康な女性の骨密度を100%として、現在の自分の骨密度が何%かを比較した数値です。
 

YAM値の80%以上:正常
YAM値の70-80%:骨量減少
YAM値の70%未満:骨粗鬆症
 

YAM(若年成人平均値)が80%以上なら正常、70%未満になると「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」と診断されます。
骨密度が減少すると、骨が弱くなり骨折などのリスクが増えますので注意が必要です。
 

骨密度を計測する骨密度測定器は各種あります。
医療機関、保健所などで用いている骨密度測定器で計測するのが正確な骨密度の数値が出ます。

あわせて読みたい関連記事

  1. 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは? 原因の鍵はエストロゲン
  2. 人間の骨は何本ある?
  3. 人間の骨の中で最大の骨と最小の骨は?
  4. 骨折すると以前より骨が強くなる?
  5. 女性のほうが骨粗鬆症になりやすい2つの大きな理由
  6. 骨密度検査と骨密度の測定と基準値について
PAGE TOP