人間の骨は何本ある?

人間の骨は何本ある?

人間の骨は正確には何本が分からない?

人間の身体には200本以上の骨があります。
それらの人体の骨は複雑に組み合わされていて、部位によって大きさから形状、役割までそれぞれ異なります。

 

では正確には、人間の骨は何本あるのでしょうか?
人体の骨の数は、200本、200本以上、206本、208本などと文献や資料により本数の表記が変わります。
最も多いのが、「206本」という表記です。
基本的には、人間の成人の骨は206個とされています。

 

では何故、人体の骨の数は定まっていないのか?
それは、骨の数は年齢や個人によって変わるからです。

 

子供は大人より骨が数が多くなります。
子供の頃には300本以上の骨があります。
人間は、産まれたばかりのときに離れていた骨が大人になるにつれ癒合して一つの骨になります。
そのため、子供は大人より骨の数が多くなるわけです。

 

また、個人によっても骨の癒合の具合が違うので、骨の数が若干変わってしまうのです。
そのため、成人の場合は206本というのが平均的、基本的な骨の本数ということになりますが、人間の骨の数を正確に●●●本と決めつけることはできません。

 

ですから、正確に表現するなら、人間の成人の骨の数は「200個あまり」というのが妥当でしょう。

あわせて読みたい関連記事

  1. 減った骨密度を上げるためには食事と運動の2つのポイントがある
  2. 人間の骨の中で最大の骨と最小の骨は?
  3. 骨密度検査と骨密度の測定と基準値について
  4. 女性のほうが骨粗鬆症になりやすい2つの大きな理由
  5. 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは? 原因の鍵はエストロゲン
  6. 骨折すると以前より骨が強くなる?
PAGE TOP