有酸素運動とは?

有酸素運動とは?

「有酸素運動」と「無酸素運動」

運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。
 

有酸素運動を英語に直訳すると「Aerobic exercise」、つまり「Aerobics(エアロビクス)」です。
エアロビクスというと、ダンスのようなエクササイズをイメージしてしまいがちですが、本来は「有酸素運動=エアロビクス」というのが直接的な意味になります。
 

100mダッシュのように、呼吸をほとんど止めた条件で運動するのが無酸素運動。
一方、有酸素運動とは、読んで字のごとく、十分な呼吸(酸素)をしながら、規則的な繰り返しのある比較的軽い運動のことです。
 

組織や細胞に継続的に酸素を供給することにより、脂肪燃焼効果を上げる軽度または中程度の負荷の全身運動です。

有酸素運動では、体内の糖質・脂肪が酸素と共に消費されます。

 

有酸素運動の主な種類

●屋外
ウォーキング
ジョギング・ランニング
サイクリング

 

●屋内
エアロビクスダンス

 

●プール
水泳

あわせて読みたい関連記事

  1. 有酸素運動の脂肪燃焼効果のメカニズムと条件、各有酸素運動の消費カロリー
  2. 「有酸素運動」と「筋トレ」はどちらを先にするのが効果的か?
  3. 色々な有酸素運動(ウォーキング・ランニング・サイクリング・水泳)のメリットとデメリット
  4. 有酸素運動の7つの効果・メリットについて
  5. 「有酸素運動は20分以上継続しないと効果なし」は古い
PAGE TOP