「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」について

「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」について

ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」の2種類がある

「ストレッチ」と一口に言いますが、ストレッチは大きく2つに分類することができます。
それが「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」です。
それぞれ見ていきます。

 

●静的ストレッチ

静的ストレッチとは、筋肉が伸びた状態を一定時間キープするストレッチのことです。
「スタティックストレッチ」とも言います。

運動前のウォーミングアップとして静的ストレッチをするとパフォーマンスが下がることが分かってきていますので避けましょう。

静的ストレッチは、心身のリラックス効果がありますから、疲労回復や就寝前に行うのに最適なストレッチです。

 

●動的ストレッチ

動的ストレッチとは、反動を使い筋肉の伸び縮みを繰り返すストレッチのことです。
ラジオ体操はこれにあてはまります。

「ダイナミックストレッチ」と「バリスティックストレッチ」の2つがあります。
「ダイナミックストレッチ」は、立った状態で移動しながら腕・脚・体幹を左右交互に動かすストレッチのことで、ブラジル体操がこれにあてはまります。
「バリスティックストレッチ」は、静的ストレッチに反動をつけて行うストレッチのことです。
動的ストレッチは、運動前のウォーミングアップとして最適なストレッチです。

 

「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」は、どちらもストレッチですが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その特性に従い使い分けることが望ましいです。

あわせて読みたい関連記事

  1. ストレッチのリラックス効果とストレス解消
  2. ストレッチには疲労回復効果がある
  3. 身体が硬い原因とは? 関節の可動域がポイント
  4. 最も早く効果が出るトレーニングはストレッチ
  5. ストレッチに適した時間帯は朝?昼?晩?
  6. 無理して限界までストレッチするのは逆効果になる
PAGE TOP