筋肉は睡眠中に作られる

筋肉は睡眠中に作られる

筋肉はいつ作られるのか?

筋肉と睡眠には何か関係があるのでしょうか?
答えは「ある」。
しかも、とても深い関係があります。
 

人間の身体を健康で美しく保つために、成長ホルモンが大切というのはよく知られていることです。
実は、成長ホルモンが最も多量に分泌されるのは、睡眠中です。
夜に眠りにつきます。
その入眠して間もなく深い眠りに入ってときに、成長ホルモンが多量に分泌されることが、研究結果からわかっています。
 

成長ホルモンは、入眠後2時間ほどで最も大量に分泌され、その後に急激に減少しますので、入眠後2時間に質の良い睡眠をとることが、成長ホルモンを分泌させるコツになります。
 

睡眠中、体内では器官が増殖し、成長が促進します。
当然、筋肉や骨の成長も進むのです。
ですから、夜に十分な質が良い睡眠をとると、成長ホルモンが分泌され、筋肉を効果的に作ることになるのです。
 

筋肉を増やしたい、筋肉を大きくしたいと思うなら、日中に筋トレをして必要な栄養分を摂る。
そして夜はしっかりと睡眠をとり、成長ホルモンを分泌させることが大切になるのです。
 

筋肉は夜眠っているときに作られます。
筋肉と睡眠は深い関係があることを知り、良質な睡眠を心がけましょう。

あわせて読みたい関連記事

  1. 筋肉の種類 速筋(白筋)と遅筋(赤筋)
  2. 身体のうち筋肉が占める割合と筋肉のターンオーバーと入れ替わり
  3. 筋肉の形状 紡錘状筋・二頭筋・羽状筋・多腹筋
  4. 筋肉は年1%ずつ減っていく
  5. 健康寿命を延ばす若返りの鍵は男女共に「筋肉」にあり
  6. アウターマッスルとインナーマッスル
PAGE TOP