身体のうち筋肉が占める割合と筋肉のターンオーバーと入れ替わり

身体のうち筋肉が占める割合と筋肉のターンオーバーと入れ替わり

筋肉の割合はどれくらい?

身体は「筋肉」の他、「骨」「脂肪」などでできています。
では、筋肉は身体のどれくらいあるのでしょうか?
 

筋肉の重さは、体重から脂肪の重さを引いた約半分とされています。
つまり、体重が70kgで体脂肪率が20%とします。
70×0.20=14kgが体脂肪の重さになります。
70-14=56kg
となりますから、筋肉は28kgということになります。
同じ70kgでも体脂肪率が10%なら、筋肉は31.5kgということになります。
 

筋肉は、「心筋」「平滑筋」「骨格筋」の3つに大別されます。
そのうち、骨格筋が70%を占めています。
 

なお、「骨」は、個人差はあるものの、体重の15%程度とされています。
ですから、体重が70kgなら、骨が10.5kgということになります。
 

「脂肪」は、体脂肪率から導き出すことができます。

 

筋肉は約2ヶ月で完全に入れ替わる

筋肉は、水分を除くとほとんどがタンパク質からできています。
ですから、筋肉を大きくしたいと思えばタンパク質を摂る必要があるわけです。
 

ではそのタンパク質はずっと変わらず同じなのか?
違います。
タンパク質は常に新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。
 

筋肉は、毎日1,8%程度新陳代謝(ターンオーバー)していて、その結果約2ヶ月で完全に入れ替わる計算になるのです。
 

本気で筋トレを開始すると、だいたい2ヶ月位継続していくと身体に目に見えて変化するのは、筋肉のタンパク質が入れ替わっているからということでもあるわけです。

あわせて読みたい関連記事

  1. 健康寿命を延ばす若返りの鍵は男女共に「筋肉」にあり
  2. 筋肉は睡眠中に作られる
  3. アウターマッスルとインナーマッスル
  4. 筋肉の形状 紡錘状筋・二頭筋・羽状筋・多腹筋
  5. 筋肉は年1%ずつ減っていく
  6. 筋肉の種類 速筋(白筋)と遅筋(赤筋)
PAGE TOP