男性は老化に関して「見た目」と「中身」のどちらを気にするのか?

男性は老化に関して「見た目」と「中身」のどちらを気にするのか?

男性の約5割以上が「見た目」を気にする

加齢が進み、老化する上で、あなたは自分の見た目と中身、特にどちらを気にするでしょうか?
この質問の結果は、男女差があまりないことが分かっています。

 

過去3年連続で行われた調査によると、例年男性は約5割以上、女性ではなんと約7割以上の回答者が「見た目の老化を気にする」と答えています。
この結果は3年間、男女比はほとんど変化がありませんでした。

 

つまり、男性は「中身」より「見た目」を気にする人が多いということです。
この調査結果によると、女性に比べて男性の方が加齢にともなって「見た目」に対する意識が高まっていく傾向がみられました。

 

また、女性の方が年齢を問わずに見た目への意識が高い結果になりました。

 

化粧品においては、アンチエイジング効果がある商品にかけるお金の上限が上昇している、という消費行動データがあります。
年代別にみてみると、30~50代の約85%が、アンチエイジングに対して「興味がある」と回答したデータもあります。
特に50代では85%、30代で84.5%、40代で84%でした。
逆に「興味が無い」と回答したのは、最も高い割合で20代の31%、次いで60代の29.5%でした。

 

まだ若い世代がアンチエイジングを意識しないのはイメージができますが、60代で意識しなくなるというのは「もう今さら・・・」という気持ちの表れかもしれません。

 

一方、「中身」に対する意識も加齢に伴って変化はあります。
40~60代の男女が「言われて嬉しい言葉」として、群を抜いて最も多いのは「若々しい」です。
逆に、もっとも人気が無いのは「成熟した」という言葉だったというデータもあります。

あわせて読みたい関連記事

  1. 老化には「生理的老化」と「病的老化」がある
  2. アンチエイジングとは?
  3. 毎日の食事がアンチエイジングの基本
  4. スキンケアの間違いについて
  5. スキンケアとプレセンタについて
  6. 人間の老化のメカニズム
PAGE TOP