人間の老化のメカニズム

人間の老化のメカニズム

老化の4つの原因

そもそも、どうして人間は老化していくのでしょうか。
時間が経てば誰でも老化するのは当たり前という気がしますが、老化の科学的な原因については諸説あるといわれています。
その中から代表的な4つの原因について概略のご紹介します。

 

細胞時計説

これは、人体の細胞に寿命があるという説です。
どんどん細胞分裂を繰り返して増えていく細胞は、分裂するたびに短くなっていき、次第に分裂をやめて自壊していきます。
細胞分裂ができなくなれば必然的に人体の活性は失われていき、老化現象として見えるようになります。

 

内分泌説

無意識のうちに体内機能を微調整している様々なホルモンの分泌量が加齢に伴い減っていくために老化していくという考え方です。

 

DNA損傷説

生命の設計図であるDNAは、活性酸素や紫外線などの有害刺激によって日々損傷を受けています。
それが修復する前に細胞分裂してしまった場合はDNAが劣化したまま間違った情報がそのまま受け継がれてしまい、それが蓄積されてしまうと老化につながると言われています。

 

活性酸素説

金属がサビ付いていくと機能が落ちていきます。
人体の細胞が必要なエネルギーを生み出すために酸素を使いますが、使い切れなかった酸素は細胞をサビ付かせ、細胞の機能を低下させ老化を引き起こします。
ちなみに、細胞をサビ付かせる原因として、脂質や添加物の多い食生活、喫煙、ストレス、紫外線を浴びることなども挙げられます。

 

人間の身体を老化させる原因はこのように1つではないので、日頃から健康的な生活習慣を意識し、細胞が老化しやすい環境を避けるようにしたいものです。

あわせて読みたい関連記事

  1. 毎日の食事がアンチエイジングの基本
  2. 頭皮のアンチエイジングケア
  3. スキンケアとプレセンタについて
  4. アンチエイジングのメリット
  5. 男性は老化に関して「見た目」と「中身」のどちらを気にするのか?
  6. アンチエイジングとは?
PAGE TOP