シックスパックがあるのに何故見えないのか

シックスパックがあるのに何故見えないのか

腹筋は誰でも6つ(厳密には8つ)に割れていますが、では何故腹筋が割れているように見えないのか。
それは、腹直筋の周りを厚い皮下脂肪が覆っているからです。

皮下脂肪が少ない人は腹筋が割れているように見えますが、皮下脂肪が多い人は腹筋が割れているようには見えません。

ですから、腹筋を6つに割る、シックスパックになるためには、皮下脂肪を減らす、つまり「体脂肪率」を下げる必要があるのです。

間違いとして、腹筋運動をやれば腹部の皮下脂肪が減り腹筋が割れると思っている方がいますが、部分痩せというのはできません。
つまり、いくら腹筋運動をしても腹部だけの皮下脂肪を減らすことはできないのです。

そのため、全身の体脂肪率を下げることが重要になってきます。
全身の体脂肪率が下がると、自動的に腹部の皮下脂肪も減りますから、腹筋が段々と見えるようになっていきます。

あわせて読みたい関連記事

  1. シックスパックの語源
  2. 腹筋強化は腰痛防止の効果がある
  3. 腹筋運動をすれば腹筋を6つに割ることができる?
  4. 体脂肪率が何%になると腹筋が割れる(シックスパック)のか
  5. 腹筋強化は内臓の機能促進の効果がある
  6. 腹筋を6つに割るには「ダイエット>腹筋トレ」
PAGE TOP