腹筋強化は内臓の機能促進の効果がある

腹筋強化は内臓の機能促進の効果がある

腹筋トレーニングを継続することで腹筋が鍛えられると、内臓に良い影響があります。
中でも胃腸などの消化器系や肝臓などに良い影響を与えてくれます。

腹直筋の収縮と弛緩、腹斜筋のひねりの運動は、内臓のマッサージ効果があり、血行が良くなり、内臓の機能促進や正常化の効果が期待できます。

便秘の人には、腹筋が弱いことが一つの原因になっています。
腹筋トレーニングをすると、腹部の血行がよくなったり、腸の動きが改善され、便秘が解消する場合もあります。

あわせて読みたい関連記事

  1. 体脂肪率が何%になると腹筋が割れる(シックスパック)のか
  2. 腹筋強化は腰痛防止の効果がある
  3. シックスパックがあるのに何故見えないのか
  4. 腹筋を鍛えることの様々なメリット
  5. シックスパックの語源
  6. シックスパックとは?
PAGE TOP