プロテインを摂らないと肉体改造できない?

プロテインを摂らないと肉体改造できない?

「肉体改造=プロテイン」というイメージは間違い

「筋トレ=プロテイン」
「肉体改造=プロテイン」
 

筋トレによって筋骨隆々なマッチョな身体になるためには、プロテインを摂らないといけないという考え方、イメージが一人歩きしています。
ですが、そんなことはありません。
誤解、間違いです。
 

プロテインを摂らなくても、通常の食事で肉体改造はできますし、筋肉を大きくすることはできます。
 

プロテインとは、タンパク質のことです。
「タンパク質」の直訳が「protein(プロテイン)」です。
 

市販されている精製されたプロテイン(正式には「プロテインパウダー)は、大豆や牛乳から抽出したタンパク質を主成分にした粉末状の栄養補助食品(サプリメント)です。

 

プロテインがなくても肉体改造はできる

筋肉は水分を除くと大部分がタンパク質でできていますので、筋肥大するためにはタンパク質を摂る必要があります。
ですから、筋トレ後に食事の中から動物性タンパク質、植物性タンパク質を摂ることで、筋肉は太く大きくなっています。
 

ただし、普通の食事から必要量のタンパク質を摂ろうとした場合、どうしても余計なカロリーまで摂ってしまうことになります。
 

例えば、185gの牛肉のサーロインステーキを食べたとすると、約35gほどの脂肪も同時に摂ることになります。
そのため、どうしてもカロリーオーバーになってしまい、ダイエット効果、肉体改造効果が限定されてしまうことになりかねません。

つまり、筋肉はつくものの同時に脂肪も増える可能性があるわけです。
 

また、食事の中から十分なタンパク質を摂ろうとするとかなりの食品が必要になります。

そんな時に力になるのがプロテインです。
 

結論ですが、食事の中でタンパク質を摂れればプロテインがなくても筋トレ効果により肉体改造はできます。
ですが、食事で十分なタンパク質を摂れない場合や、余計なカロリーを摂りたくない、筋トレ後に食事する時間がとれないときなどに、プロテインを摂るようにするといいでしょう。
 

プロテインはメインではなく、どこまでも「栄養補助食品」だということです。

自分の食生活、生活スタイル、TPOに応じて賢く利用したいもの、それがプロテインです。

あわせて読みたい関連記事

  1. プロテインとは?
  2. 筋トレ後30分以内のゴールデンタイムにプロテインを摂るのがベストタイミング
PAGE TOP