男性更年期障害(LOH症候群)とは?

【男性更年期障害】 更年期障害とは? LOH症候群とは?

更年期障害とは?

更年期障害(こうねんきしょうがい)とは、読んで字の如く、簡単に言えば更年期に起こる障害のことです。
ですから、更年期障害というと女性特有の病気と思いがちですが、男女ともに存在します。
 

更年期とは、性成熟期から老年期への移行期のことを指します。
では、具体的に更年期とは何歳から何歳までの期間のことなのでしょうか?
これは厳格に何歳から何歳と決まったものはなく、個人差があります。
一般的に言われているのが女性を基準にした数値で、「閉経」がその目安となっています。
 

男性にはない女性特有の閉経ですが、閉経を挟む前後5年の期間を「更年期」というのが一般的な更年期の定義になっています。
日本人の平均閉経年齢は50.8歳と言われていますので、その前後45~55歳位が更年期の期間ということになります。
ただし、閉経がかなり個人差がありますので、更年期も人によって前後があります。
 

話を元に戻しますが、更年期障害は、女性の場合卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏によるホルモンバランスの崩れにより起こる病気です。
 

更年期障害の症状は、冷え・のぼせ・めまい・動悸・頭痛・耳鳴り・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振・憂鬱など。

 

男性更年期障害とは?

「更年期障害=女性特有の病気」というのは間違いで、男性にもあり「男性更年期障害」と呼ばれています。
別名「LOH症候群」とも呼ばれます。
 

男性更年期障害は、40歳以降に起こる場合があり、加齢やストレスなどにより男性ホルモンであるテストステロンが減少することにより様々な身体的・心理的症状が発生します。
 

男性更年期障害の具体的な症状としては、発汗・ほてり・睡眠障害、抑うつ感・イライラ感・疲労感・記憶力や集中力の低下、性欲の低下、ED(勃起障害)など。
 

男性更年期障害による精神症状は、うつ病と類似するものが多いとされています。
 

男性更年期障害の一般的な治療法としては、男性ホルモン補充療法が広く知られています。
それが「アンドロゲン補充療法(ART)」で、テストステロン補充療法(TAT)と呼ばれることもあります。
 

アンドロゲン補充療法は幾つかあり、代表的な治療法が以下の3つの治療法です。
・エナント酸テストステロン
・胎盤性性腺刺激ホルモン
・テストステロン軟膏
 

40歳を過ぎ(個人差があります)、やる気が全く出ない、不安感が取れない、イライラする・・・
もしかしたら男性更年期障害かもしれません。

そのまま放置していると、不眠症、うつ病、EDなど重症化する可能性がありますので、適切な対処をすることが大切です。

あわせて読みたい関連記事

  1. 50歳を過ぎたら大股・速足で歩こう 歩幅・歩隔が狭くなったら老化のサイン
  2. 笑顔で免疫力がアップする 医学的に「笑いは百薬の長」が分かってきた
  3. 【男性更年期障害】 予防・対策は男性ホルモン(テストステロン)を増やすことが重要
PAGE TOP